ハイドロキノン化粧品&クリームのおすすめはコレ!

シミにはハイドロキノン化粧品

今、注目の美白成分といえば「ハイドロキノン」。「肌の漂白剤」といわれるほど、その 美白効果は抜群で、美白化粧品にも多く配合されています。

・化粧品なら2%以下の濃度のもの(高濃度ほど肌への刺激が強い)
・ナノカプセル化されていて、肌にやさしく浸透力が高いもの
・最小限の使用量、期間で使うのがベスト(赤くなったら中止する)

いずれも美白クリームを選ぶ際に頭にいれておきたい重要なポイントです。

おすすめの美白化粧品である「b.glen(ビーグレン)」ハイドロキノンがナノカプセル化されているので、皮膚科が処方する4%レベルの美白クリームと 同等の美白効果でありながら皮膚トラブルは1/2以下!ハイドロキノンの効果を高めるレチノールや ビタミンCも一緒に浸透するので相乗効果でさらに透明感のある肌が実現します。

b.glen(ビーグレン)はなぜ医療レベルの美白を実現できるのか? 続きはコチラ!

ハイドロキノンがもたらした化粧品の美白革命!

ハイドロキノンがシミに効くのは?

ハイドロキノンの美白効果とは?

1、メラニン色素の生成のもとになる酵素チロシナーゼの働きを抑える。
2、メラニン色素同士がくっつき、拡大することを抑える。
3、増加しすぎたメラニン色素を分解する働きもある
4、美白成分アルプチンの100倍の効果。


以上のようにシミの予防から、できてしまったシミやソバカスに対しても 積極的な美白ができる「攻め」も「守り」もできる万能な美白成分がハイドロキノンなんです。

ただし、使い方を誤ると効果がないどころか副作用もあるので注意!

よく医師の診断や処方箋もなしにネットで海外から購入した4%以上の 高濃度のクリームや塗り薬を使っている人がいますが、いますぐ止めてください!

医療機関でのみ扱える濃度は、それだけリスクも考えられ、ピリピリ刺激を感じたり、赤くかぶれたり する事があります。当然、長期間使用することもオススメできません


重要!ハイドロキノンは万能の美白成分。ただし、低い濃度のものから使うこと

ハイドロキノン配合の美白クリームを選ぶならココに注意!

ハイドロキノン配合クリームの選択ポイント

ハイドロキノンが配合された美白化粧品やクリームを選ぶ際のポイントは安全確実にハイドロキノンを 肌の奥まで浸透させることができるか?ここが一番重要です。

1、ハイドロキノンは単体で皮膚の内部には浸透しにくい
⇒ビタミンA(レチノール)と併用することで浸透力が高まり、効果もあがります。

2、刺激が強いため、2%以下の濃度のものを利用する
⇒ハイドロキノンの濃度が2%以下の化粧品を使うこと。それ以上は医師の処方箋が必要です。

3、ハイドロキノンの成分をナノカプセル化したもの
⇒安全性、浸透率が高く、低濃度でも医師が処方する高濃度と同じような効果を期待できる。

特にナノカプセル化されたものは肌への刺激も減り、浸透力も抜群なのでおすすめです。

ハイドロキノン配合のb.glen(ビーグレン)のシミ・美白ケアセット

b.glen(ビーグレン)のシミ美白ケアセット

b.glen(ビーグレン)のシミ美白ケアセットの特徴

① ハイドロキノンをナノ化して浸透力をあげた【美白クリーム】
② 長時間の保湿とハイドロキノンの浸透を助けるレチノール配合の【保湿ゲル】
③ 純粋なビタミンCがそのまま浸透する高濃度【ビタミンC美容液】

>>トライアルセットは1週間分1,890円(税込)送料無料【365日返金保障付き】<<


ハイドロキノンとの相乗効果で美白効果を高める「ビタミンC」と「ビタミンA」も一緒にセットで ついてきますからその効果は抜群です。日本人の肌に合わせたハイドロキノン配合の化粧品というところもオススメ 材料でしょう。

b.glen(ビーグレン)は365日返金保障付きなので、美白効果をじっくり確認できます。 効果を感じられなければ返金できるように、一切のリスクがないのがうれしいですよね。


まずは1週間、シミが薄くなっていくのか?効果を確認してみてください。

「あんなに気になっていたシミが嘘みたい!」 体験者の喜びの声はコチラ!
Copyright © 2009 ハイドロキノン化粧品&クリームのおすすめ!色素沈着やニキビ跡に悩む方へ· All Rights Reserved·